自動床洗浄機:ご相談キャンペーン中!!ポリッシャー+吸水バキュームの1台2役!  詳しくはこちら>      自動床洗浄機:ご相談キャンペーン中!!ポリッシャー+吸水バキュームの1台2役!  詳しくはこちら>      自動床洗浄機:ご相談キャンペーン中!!ポリッシャー+吸水バキュームの1台2役!  詳しくはこちら>
  • 新規会員登録はこちら すぐに使える300ポイント進呈!
  • 当店独自の保証があります。詳しくはこちら
キャンペーン中!機種選びはビルメンへ!

カテゴリから選ぶ











2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業日
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業日
[OWNER]
 

ポリッシャーの選びの10の目

ポリッシャーにもメーカー、大きさ、タイプ、オプション、、、
さまざまな種類がございます。
「どれを選べばいいのかわからない…」という方へ、少しお手伝いさせていただきます。

1.使用場所から大きさを選ぶ
使用目的や場所によっておススメの大きさがございます。(*) 1インチ≒2.5cm

●50平米(学校の教室くらいの広さ)の現場で使用
12インチのポリッシャーがおすすめです。
12インチが一般的な大きさです。ただし、物がたくさん置いてあり、
作業にあたって、移動することも出来ないような障害物がある場合は、
8インチでも良さそうです。

●広い廊下やホールがある現場
14インチのポリッシャーがおすすめです。
工場やホール、大きな施設などでよく使われている業務用の大きさです。
同じく作業にあたって、移動することも出来ないような障害物がある場合は、
12インチでも良さそうです。

●小規模店舗、自宅など
12インチ〜8インチがおすすめです。
収納場所の制約で8型を選ばれる方も多いです。
また、階段を清掃する場合は8型伸縮タイプになります。(幅の制限があるため)


14インチ   12インチ   8インチ


2.洗浄力で選ぶ
ポリッシャーの洗浄力は(一概には言えませんが)ポリッシャー本体の重さで決まります。
大きいポリッシャーほど洗浄力は上がります。
ですので、14型が洗浄力が高く、8型は小さいので、洗浄力は低め目です。


3.ご使用される方を考慮する
作業に慣れると、どなたでも制約なしに床面清掃できるのがポリッシャーですが、
はやり専門の機材ですので、慣れるまでは練習が必要です。(コツが要ります)
大きかったり回転数が速いと振られやすく、扱いが難しいです。小さいとその分簡単です。
また、本体を持ち上げて移動する必要がある場合、大きいサイズは重いです。
14型で30kg強、12型で30kg、8型でも20kgほどございます。現場に階段などがある場合は考慮してください。


4.初心者の方、ご高齢の方、作業にご不安な方向けのポリッシャー
ツーブラシのポリッシャーは振られることなく、簡単に安定した作業ができます。
軽めのポリッシャーですが、通常のポリッシャーよりは作業はしやすいです。
振られないポリッシャー「セーフティポリッシャー」


5.高速・超高速・密閉とは
●高速タイプは、回転が早い→作業時間短縮というメリットがございます。
ただし、摩擦の高い床面(カーペットなど)ではモーターに負荷がかかるためご使用できません。

●超高速タイプはさらに回転が速いタイプです。そのぶん左右にふられたり、本体がブレやすくなる
というデメリットもございます。

●密閉タイプは防滴タイプという意味です。ポリッシャーは電気製品ですので、水がかかったり、
入り込んだりすると故障してしまいます。
防滴タイプは水が入り込みやすいポリッシャーの隙間を接着し密閉しているタイプです。
ただし完全防水ではございません。密閉タイプであっても、水にはご注意ください。

上皿が密閉されています。(参考写真:8インチ密閉タイプ)

6.デッドマンハンドル・スライド式・伸縮タイプとは?
●デッドマンハンドルとはレバースイッチのことです。
ポリッシャーの電源の入切スイッチが真ん中にあるものを「センタースイッチ」
自転車のブレーキのような形でハンドル部分から出てるレバーを握るとスイッチが入り、
離すとポリッシャーが止まるものを「レバースイッチ」または「デッドマンハンドル」といいます。

センタースイッチ レバースイッチ(参考写真はタンク付)

※レバースイッチの場合のセフティロック

ハンドルロック
  1. 右手側ハンドル【1】を握り、指3〜4本を
    レバー【2】に軽くかけます
  2. 人差し指でロック板【3】を左に押し込みながら
    他の指で【2】を引き上げるようにしてください
  3. ロックが解除され【2】が引き上げられると
    電源が入って始動します
    【3】から指を離してもその位置に固定されます
  4. 指を【2】から離すと下方に戻り電源が切れて
    停止します
    【3】は自動で右に戻り、【2】をロックします



●ポリッシャーのハンドルを上下し、角度を調節する際、足で踏んで調節できるものを
「ペダル式」(3段階〜2段階で一定の場所で止まります)、手でスライドさせるものを
「スライド式」(自由な角度に調節できます)といいます。




 スライド式 ペダル式



●自動車などでポリッシャーを移動する場合にあると便利な「伸縮ハンドル」は
ポリッシャーのハンドルの高さが伸び縮みします。

コンパクトになるので収納時に便利♪

7.タンクの有無
タンクには希釈した洗剤水を入れます。
タンクレバーを握ると洗剤を出しながらポリッシャーを回すことができます。
その際はポリッシャー用洗剤(汚れ分解に即効性がある洗剤)を使用します。
タンクないいけないというわけではございません。あると便利です。
タンクがない場合はあらかじめ、モップやじょうろなどで、洗剤を散布してください。



8.メーカーの違い
弊店の取り扱いポリッシャーで、大別すると
「アマノ武蔵」「コンドル」「リンレイ」「ペンギンニルフィスク」がございます。
「アマノ武蔵」は国内製でアマノ武蔵電機株式会社製造です。
「コンドル」は山崎産業株式会社が販売元です。部品などは丸林製です。
「リンレイ」は弊店ではセーフティポリッシャーのみ取り扱いです。リンレイが販売元です。
「ニルフィスク」は弊店ではイノベーターのみ取り扱いです。トルク切り替えができるタイプです。
トルクの切りかえで「高速」「標準」が切り替えられる「イノベーター」


9. 3ツ爪・4ツ爪の違い
特にどちらが良いというわけではございません。
弊店のポリッシャーは特にご指定がない限り、4ツ爪タイプです。



10.使用できるコンセント
家庭用100V電源で使用できるタイプがほとんどですが、
密閉タイプは3ツ又コンセントですので、ご注意ください。
消費電力が1,000Wを超えますので、同時に他の電気製品を動かす場合は
コンセント容量にもご注意ください。


密閉タイプにはアースがついて、三又コンセントになります


--------------------------------------------
「初心者でも使えるか」「女性・高齢者や力の弱い方でも使えるか」といったご相談もいただきます。
小柄な女性が大きなポリッシャーを使いこなしている業者様もたくさんいらっしゃいます。
ただし、みなさん練習し、徐々に慣れていった方だと思います。
ポリッシャー操作は力任せではありません。

初めは、広い場所で、ポリッシャーに慣れていくために練習が必要です。
スイッチを入れてすぐは、ポリッシャーが思うように操作できずに驚かれるかとおもいますが、
ハンドルを腰の位置まで下げ、ポリッシャーがその場にとどまるようにする練習をしてください。

万が一ポリッシャーが暴れてしまったら、コンセントからプラグを抜いて止めてください。
練習されるときは二人一組で、一方はポリッシャー操作、もう一方はコンセントをいつでも抜けるように
待機してください。

ページトップへ